カリスティックの選び方と種類についてのご紹介です。世界中の武術教則DVD,訓練用品,特殊警棒 ,護身用品,カリ・シラット武道具No.1ネットショップの無極堂JAPAN
10,000円以上購入で送料が無料! 軽量・薄型な商品、DVDは送料400円でお届けします
 
 
 
 
無極堂イベントカレンダー

警棒の選び方 無極堂ブログ スティックの選び方 English Contact カリ・シラット系が学べる道場 官公庁・道場様 まとめ買い・ご相談下さい 正規代理店リスト
ブルーガン
 
  カリスティック(オリシ)の選び方


フィリピン・インドネシア系武術カリシラット、截拳道(ジークンドー)で使われるカリ棒術の棒ですが、呼び方も様々あり、カリスティック、オリシ、バストン、ラタンスティックなどと呼ばれています。基本的にはラタン、日本語だと籐(とう)という材木で作られています。ここではその性質と選び方について解説します。参考にして下さい

 

ラタンスティック:

籐はポキッと折れにくい性質を持つので、カリトレーニングではメインに使われています。
消耗品ですので、打ち合っていると、徐々にスカスカと柔らかくなっていきます。
使っているうちにヒビが入ってきますが自然現状ですので大丈夫です。
ただし先端がささくれてくると、
相手の目に入ったりすると、大変ですので対人での使用を控えて下さい。
予め、打点ポイントに市販のビニールテープを巻くなどすると、少し長持ちします。
そうする事で、他人との道具の識別もしやすくなりますよ。
 

ハードウッドスティック:

ハードウッドは硬い材木の事ですが、バヒという材木や鉄木とも言われるカマゴンがあります。
こちらは日本の木刀と比べると、もっと硬いのですが、粘りが少ないので、
練習での打ち合いには向きません。
重さがあるので、素振りや、観賞用、護身用、体術的な練習など、
あまり棒同士が接触しないトレーニングに向いています。
 

長さの違いについて:

最も一般的なスティックは70cmの28インチです。アメリカで有名になったからか、
cm 表示ではなくインチ表示が一般です。
1インチ長いとほんの少しだけ取り回しづらくなるので、それが上達に効果あるのではないかと思います。
カリの教科書的な本では、腕を横に伸ばした時の指先までの長さが望ましいとあります。
実際、長さはそれほど気にしなくて良いようですが、28インチから29インチが一般サイズとして標準です。
 

日本の木刀との材質の違い:

木刀は樫(カシ)で作られていますが、制作の技法が異なります。
木刀は何年も材木を寝かせ、乾燥させ、高精度に削り出して作ります。
また樫の木は粘りがありますから、打ち合っても簡単には折れません。
ラタンの場合は、折れる代わりにサトウキビの繊維のように、スジばって消耗していきます。
 

カリスティック比較表

カリ愛好者の要望をとりいれているウチにたくさんのカリスティック/バストン/オリシの種類に
なってしまいました。今度はどれを買っていいかわからないという意見から、
簡単な比較表を作成いたました。目的にあうスティックを試してみて下さい。
 
商品名 軽さ 耐久性 コメント
ラタンスタンダードカリスティック
28インチ
ラブシカスティックとプレミアムサイズ中間の重さ。
標準的なサイズです。皮付きです。曲がりや反りがありますが天然の技です。
ラタンプレミアムカリスティック
29インチ
表面処理が丁寧で、軽いので振りやすく、当たってもダメージが少なく安全。曲がりや反りは一番少ないです。
1インチ長く、取り扱いが微妙に難しい為、知らずにレベルアップ? 
ラブシカラタンカリスティック
28インチ
少し重く耐久性にすぐれたスティック。反りは少なめです。
ベストバランスで、貴重な種類のラタンスティックです。
ラタンヘビーカリスティック
29インチ
たくさんの節が入っていて、個体差が多くまっすぐなスティックが少ないですが、
とても重く硬いのが特徴です。中にはプレミアムの二倍高い重量の物もあります。
バヒカリスティック 打ち合いには向きません。
炎のような天然の柄が美しく重く、適度な太さ。天然のラインが手の感触にもGoodです。
カマゴンカリスティック × 鉄木といわれる最も硬い材木の一つです。打ち合いには向きません。
一番重く、素振りなどに適しています。昔はこれで決闘したそうです。
樹脂製カリスティック
30インチ
× 現代版カリスティック。耐久性は一番ですが、重いので体力を使います。
樹脂なの味がありません。さすがはUSA仕様です。切って長さを調整して下さい。
スパーリングスティック
29インチ
-- スパーリング用です。打ち合い等に耐えられる作りと、
適度にソフトなカリスティックとなります。
軽量カリスティック × プレミアムラタンスティック29インチの中から、軽量なモノをチョイスいたします。
軽量であるともしも当たった時のリスクが軽減されます。
子供、女性、スパーリング、演武等、細め等お好みはご相談下さい。

ご不明な場合は、店長へご相談下さい。
 

スティックの消耗具合について

オリシの消耗は基本的に重量と関係があります。
プレミアムスティックは大体150g前後、スタンダードは200g前後、
軽い物と重い物が当たれば当然、軽い方がダメージが大きい。
そういった具合です。扱いとして重ければ大変ですし、
当たった時のダメージも大きいので、安全性や取り回し易さを考慮して、
道場全体がプレミアムスティックだといいなと店長は願っています。
私個人は、プレミアムスティックを愛用しています。もう10本は潰しました。


店長、それでズバリどう選べばいいの?
 

結論:
気に入ったデザインで選ぼう!
それ以外であれば、スタンダードタイプを選ぼう

全国のジークンドー、カリ・シラットまたはそれらを取り入れた道場様にご愛用頂き感じているのは、
皆様、支部や先生毎に、こだわりをもってセレクトされている事を痛感します。
新規で選ぶ場合、まずどうしたら良いでしょうか?

一つのアドバイスですが、参考になれば幸いです。


 ”先生から買う”、”先生に紹介してもらう”です。

最初は先生に聞きづらいかもしれませんが、
困ったら、道場のみんなの道具を見て、似たのを選ぶと良いです。
長さはあまり気にしなくていいです。

デザインで選ぶというのは何故?

カリスティックは消耗するため、練習の頻度にもよりますが、必ずスカスカになります。
ならば選ぶのに悩むより、気に入ったデザインで愛着を持って扱う方が、
楽しくありませんか? 最初に選択に迷う時は知らない事が多い訳ですから、
使っているうちに、次の目標が見えてくるのではないでしょうか?



 

トップページに戻る

本ページはリンクフリーです。

ページトップへ